西洋医学と東洋医学(漢方医学)の統合医療クリニック

西洋医学・東洋医学(漢方)の統合医療を行ない、質の高い、
親切な医療を目指します

院長 安井 健二

私は、長年大学で不整脈研究を行なってきた循環器専門医です。そのため、当院は大学・大病院との病診連携は密であり、循環器内科の患者様には最先端の治療を提供できるクリニックです。
また、数年前より漢方医学を研鑽し、東洋医学を身につけた循環器専門医が診療するクリニックとして、皆様の役に立つように努力していきます。

院長 安井 健二


お知らせ

2016.8.1
2016年9月分の予約について
9月分の単純肥満治療の新患予約は終了しました。
肥満が原因の慢性疾患のある場合は9月の予約は可能です。
慢性疾患(高血圧・糖尿病・脂質異常症・変形性膝関節症・冷え・更年期障害・月経困難・ニキビなど)の新患受付は、随時承ります。
2016.5.3
天気頭痛・お天気病み・自律神経外来開設のお知らせ
6月より毎水曜日に愛知医科大学客員教授(痛みセンター)佐藤純先生が、天気頭痛・お天気病み・自律神経外来を担当します。
診療は、1名に1時間ほど要しますので、自費診療となります。
予約は当院へTELお願いします(通常の予約枠とは別扱いです)。
2014.4.25
血管内皮機能検査(FMD)導入について
血管内皮機能検査(FMD)を、新たに導入しました。
FMD(Flow Mediated Dilation)とは、血流依存性血管拡張反応のことで、血管内皮機能の指標です。初期の動脈硬化を検出できます。
頸動脈エコー・血管年齢検査(脈波図・CAVI)も含め、動脈硬化の程度を当院でしっかり診断できるようになりました。
2013.12.2
マイアーズ・カクテル点滴療法を開始
USAのジョン・マイアーズ゙医師の開発した点滴療法で、栄養素で治癒力を高めます。
全身倦怠・疲労、アンチエイジング、急性上気道炎、慢性疲労症候群などにお勧めです。
2013.9.2
『高濃度ビタミンC療法』開始
高濃度ビタミンC療法を開始しました。美容、アンチエイジング、がんの予防・治療に 高い効果が認められることが、報告されています。予約制。
2012.11.26
新患予約の変更について
新規の患者さんについては、毎月第一診療日に、翌月の予約を行います。(例えば、4月予約なら3月1日より)。
診察予定日の1週間前に確認のTELをいたします。
なお、高血圧・糖尿病・脂質異常症・メタボリック症候群などの慢性疾患、冷え・更年期障害・胃腸疾患など漢方治療の必要な病態については相談いたしますので、お電話にて問い合わせお願いします。

診療科目

一般内科一般内科

内科系疾患全般を幅広く診ることを基本としています。

循環器内科循環器内科

不整脈疾患、狭心症など、漢方医学を身につけた循環器専門医が診療いたします。

漢方内科漢方内科

冷え性、アレルギーなど、漢方薬が効果的な疾患・症状を基本とし、診療いたします。



呼吸器内科呼吸器内科

最近では慢性閉塞性肺疾患(COPD)が注目されています。当院では肺機能検査がいつでも可能です。

皮ふ科皮ふ科

ニキビ・しみ・アトピー性皮ふ炎など、漢方での治療を行います。

美容(自費診療)美容(自費診療)

プラセンタ、ビタミン注射などを行います。



男性型脱毛症(AGA:androgenic alopecia)治療・ED治療

人には話づらい男性の悩みを抱えている方への治療を行っております。安心してご相談ください。

禁煙治療

経口薬(チャンピックス)による治療を行ないます。保険適応。3ヶ月間の治療です。

天気頭痛・お天気病み・自律神経外来(自費診療)

お薬と自律神経コンディショニング法を組み合わせて、からだの痛みと不調を総合的に治療していきます。


西洋医学と東洋医学の総合医療

西洋医学と東洋医学の総合医療

一般の医療(西洋医学)と補完代替医療(一般の医療(西洋医学)を漢方などで補ったり、代わりに行なわれたりする医療の総称)をあわせた医療で、当院で目指す医療です。
日本政府も平成22年の施政方針演説で「統合医療の積極的な推進の検討」を表明しています。


漢方について

漢方について

漢方治療とは、体質・性格・仕事・生活習慣などすべてを疾患の背景ととらえ、その人が困っている疾患の診断・治療に生かすテーラーメイド治療です。



Copyright © 栄KENハートクリニック All rights reserved.